上水道と下水道の修理

ここでは生活に欠かせない上下水道とあまり聞き慣れない中水道について紹介します。それぞれの場所で水道 修理が発生した際にどこに相談すればいいのかも知っておきましょう。

■上水道と下水道

上水道と下水道を総称して上下水道と言いますが、どちらも生活に欠かせないライフラインであり、上水は飲用が可能で公共的な供給設備一般を指しています。これに対して下水は生活で出る排水や工場などから出る産業排水、雨水などの汚水を終末処理場に集約して処理をする施設のことを指しています。また上水、下水の他に水栓トイレの用水、公園の噴水など、飲用にすることができない雑用や工業用などに使用される水を中水と言い、中水は飲用することはできませんが、人体に影響を及ぼさない程度に処理されて再利用されています。

■上水道に関連する修理
上水に関する水のトラブルが起こった場合、まず相談する所として挙げられるのが水道局です。ただし基本的にこちらで相談することができるのは第一水栓までの修理であり、第一水栓とは道路と宅地の境界線から一番近くにある宅地内に設置された止水栓のことを指しています。修理箇所の確認を行って、個人が管理する供給設備に関する修理などの場合は対応してもらうことができません。ですが、これらの修理を依頼することができる指定業者を紹介してもらうことができますし、ホームページを確認すると業者の一覧もあるので安心して依頼することができます。

■下水道に関連する修理

下水に関連するトラブルはトイレやお風呂、キッチンなど、排水設備に関するトラブルも多いため放置しておくと衛生上の問題も出てきてしまいます。トラブルが起こると何かと面倒なことになりかねないのが下水のトラブルですが、一般的にはこちらも指定業者に依頼することでスムーズに修理を行うことができます。




■まとめ
万が一のトラブルの際にどこに修理を依頼するのかなど普段からしっかり確認しておくことでトラブルが起こっても慌てずに対処することができるのではないでしょうか。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ